𝐁𝐈𝐎𝐆𝐑𝐀𝐏𝐇𝐘


たなべ   かずや

田邊和也

1985731日生

神奈川県横浜市出身

 

幼少期より映画を観るのか好きで、

次第に「俳優」にも興味を持ち始める。

 

特にハリウッドや韓国の映画・俳優に魅了され、

プロフィールを片手に単身、韓国に渡る。21歳。

端役ながら韓国映画「ビースティ・ボーイズ」

 2008年 ハ・ジョンウ、ユン・ジョンビン監督

に出演。映画デビュー。

 

帰国後、本格的に英語・芝居の勉強をすべく、

ノース・ハリウッドとも言われる、

カナダ・バンクーバーに単身進出。

短編映画を中心にキャリアを重ねる。

   

25歳。日本に拠点を戻した後、俳優養成所

UNITED PERFORMER'S STUDIO (アップス)に入学。

 3年間、メソッド演技を基盤に、

改めて芝居の基礎を学びながら、

小劇場での舞台出演にて経験を積む。

 

卒業後、2014年度フジテレビ終戦記念ドラマ

「命ある限り戦え、そして生き抜くんだ」

で、日本においての映像、ドラマデビュー。

 

その後、日本映画の世界で地道にキャリアを積み、

「図書館戦争THE LAST MISSION

(2015年 佐藤信介監督)

「秘密 The Top Secret」(2016年 大友啓史監督)

SCOOP!」(2016年 大根仁監督)

 「土竜の唄 香港狂騒曲」(2016年 三池崇史監督)

などに出演。

 

仮面ライダーアマゾンズシリーズに出演。

2016年のシーズン1、2017年のシーズン2、

劇場版「仮面ライダーアマゾンズ最後ノ審判」

連続ドラマのレギュラーキャストとして初参加。

 

2018年以降は英語での演技、

ハリウッド作品に比重を置き、

 

ジャレット・レト主演アウトサイダー
(2018年/Netflix マーティンサンフィリート監督) 

「The Terror: Infamy」
(2019年/AMC アレキサンダー・ウー プロデューサー)

 「KATE」
(2021年/Netflix セドリック・トロイヤン監督)

に出演。

 

「TOKYO VICE」
(2022年/ HBO Max / Wowow マイケルマン 監督)

の公開も控えている。

 

また海外でも評価の高い

河瀬直美監督の短編映画にも参加した。

 

最近の日本ドラマ出演作には、

CX「シャーロック」や、EX「BG〜身辺警護人〜」

NHK連続テレビ小説「エール」などがある。

 

仮面ライダー生誕50周年記念作品

「仮面ライダーリバイス」にレギュラー出演中。

 

世界中の素晴らしい映画製作者や表現者との製作活動

そして日本と海外の交流に興味、視点を持ち、

国境にとらわれない表現活動に目を向けている